持病の偏頭痛の解説

持病の偏頭痛

"二十歳過ぎの頃、友人とアパートをシェアする生活をしておりました。

ある朝のこと、お弁当を作ろうと朝キッチンに立っていたところ急に吐き気と手がしびれる症状が出て、その場に倒れこむわたし。
過呼吸になり、顔も真っ青、いったい自分の身に何がおきているのか理解できませんでした。横になっていても一向によくならず、怖くなって友人に救急車を呼んでもらいました。

医大に救急搬送してもらって大層に救急治療室に運ばれ、先生数人に囲まれて診察を受けました。しばらくして先生方が、血管を縮めるという薬を点滴してみますね、と言われ、しばらくすると症状が和らいで楽になってきたのです。「もし次に同じような症状が出たらこの薬を試してください」と薬を渡されました。血管収縮の薬だったと思います。

その日先生は何が病気とは断定されず、違う日に別の科を受信してくださいとのことで、CTやレントゲンなど色々検査を受けましたが異常はなく、結局ただの偏頭痛ではないか、と言う話になりました。

思い返せば当時は自分の周りの環境がめまぐるしく変わり、心身ともに疲れきっていたときです。きっとストレスも絶頂で、偏頭痛を発症したのだと思います。

それからは半年に一回、数ヶ月に一回、月に一回とすっかり偏頭痛が持病になってしまいました。

偏頭痛で救急車なんて今から思えば申し訳ない話ですが、初めての症状ってパニックになりますよね。みなさんも私のような症状が出てしまったら、救急車を呼ぶ前に偏頭痛を疑ってみてください。

"

保険以外にも役立つニュース

生命保険をきちんと見直してみませんか?「 http://hoken-manabu.jp/ 」